冷やし中華始めましたの画像

冷やし中華始めました

建築

どうも里内です。
冷やし中華始めました。



ここ最近は夏本番!って感じ出してますが、
年を重ねるごとに暑さに弱くなってきております。

熱中症で倒れでもしたらシャレにならないので
様々な暑さ対策は欠かせません。

・ポロシャツ(今年からデビューしました)
・会社で支給された首かけの保冷剤
・ネックファン(冷たくなる機能付き)
・クーラーボックス

週末の現地販売では上記がマストアイテムとなりました。

ちなみに、クーラーボックスには自分用の飲み物だけではなく
ご来場されたお客様用にキンキンに冷えた飲み物も入れてありますので、お近くにお立ち寄りの際は是非お越しくださいませ。

詳細は弊社HPトップにある「お知らせ」に記載されておりますので気になる方は要チェックです!



お話しは変わり、
昨年にご契約を頂いたお客様の新居が着々と完成に近づいてきております。

建売ではありますが
更地の段階でご決断をいただいたおかげで、
ほぼセミオーダー!

お客様からのご要望に限りなく沿えるよう
毎日のように施工会社や売主様と折衝をしており、
時には「そこまでは出来ません!」とか「言うのが遅いんだよ!」とか
言われてめげそうにもなりますが里内負けません。

細部に至るまで妥協をしたくないというお客様の気持ちを
分かりやすく、温度感まで正確に伝えて
時にはこうしたら更に良くなるだろうと提案も添えてプレゼンをします。

そうした積み重ねで、
期待以上の建物をお引き渡しすることにやりがいを感じています。

今回のいただいたご要望の中でも
特に大変だったものがコチラ。


広角で撮影しているので
こじんまりとして見えますが、
キッチンの幅や奥行きの広さにもこだわって選定したので
実際はかなり迫力があります。

問題は天井部分です。
こちらは見た目の通り「下がり天井」といい、
あえてキッチンの天井を下げることで
他の天井の高さが強調されて
より広い空間を演出する効果があります。

この下がり天井ですが
まずはご要望の形状をお客様に探していただき、
それを設計士の先生にお伝えし図面におこしてもらいます。


そして次は材料選びになるのですが
今回は仕上げに無垢の木材を使用したいとのことであり、
ネットでカタログを見ただけでは分かりづらいので
実際にショールームまで足を運んで頂きました。

ご存知の通り、天然無垢の木材は二つとして同じものは存在しません。
同じ種類の木材でも木目の模様や色合いは様々であり、
凡そのイメージで進めていくので
大工さんのセンスが問われる場面でもあります。



外周の部分は見切り材(小口を隠すL字の部材)を使用するか
幕板(サイドを一枚板で覆う部材)を使用するかで
お客様と一緒に悩んだりもしましたが、
結果として、
お客様には大変ご満足いただける仕上がりになりました。


こちらの物件は成約済みではありますが、
「他物件の参考にご覧いただいて良いですよ」と
お客様からの神対応をいただいておりますので、
見てみたい方は里内までご連絡を下さいませ。


また、こんな魅力的な建物を企画している
同売主様の物件が文京区内には沢山あります。

弊社でしか販売していない未公開物件も
数多くありますので、
この機会に是非お問い合わせください。

例えば↓

こちらは基礎工事が始まっているため
間取りの変更等は出来ませんが、
建築途中をご覧いただいたり
完成まで一緒に見届けるという貴重な体験ができますよ。

ではまた。

”建築”おすすめ記事

  • 日当たり重視なら・・・の画像

    日当たり重視なら・・・

  • 神様、もう少しだけの画像

    神様、もう少しだけ

  • 雨に唄えば家も綺麗にの画像

    雨に唄えば家も綺麗に

もっと見る